Google

新着記事

カテゴリ

リンク集

ご当地銀座をさまよってみた。
浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報
列車があるならどこまでも

銀座と商店街
おすすめBOOKS
ぶらっと行きたい!東京商店街ガイド
ぶらっと行きたい!東京商店街ガイド

商店街巡りに必須の一冊!
見やすいイラストマップとおすすめ店の紹介記事が重宝します。
戸越銀座・谷中銀座・十条銀座も掲載。

東京人 2008年 03月号 [雑誌]
東京人 2008年 03月号

商店街歩きから歴史的成り立ちまで読み応えのある内容。
戸越銀座・キラキラ橘(向島橘銀座)など。

東京下町歩く地図帳 (’08~’09) (J GUIDE MAGAZINE)
東京下町歩く地図帳 (’08~’09)

持ち歩き用ガイドブックはこの本が一番!
谷中銀座(谷根千も)・砂町銀座・十条銀座・向島&京島などがマップつきで紹介。日暮里・舎人ライナー沿線特集も。


ニッポン商人語録 (プレイブックスインテリジェンス)
ニッポン商人語録

高円寺銀座(現:高円寺純情商店街)で生まれ育った著者が商店街について語る一冊。全国の銀座商店街を訪ねたエッセイが興味深い。
元気な商店街・7つの秘訣―商売繁盛の街づくりにはコツがある!
元気な商店街・7つの秘訣

商店街をとりまく現況や打開策など、素人にもわかりやすく解説しています。キラキラ橘(向島橘銀座)・東和銀座などの実例紹介あり。

TOP > 埼玉・千葉・神奈川>埼玉県 > 所沢銀座

所沢銀座

埼玉県 
所沢銀座まち歩きの小ネタはブログへgo!

koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):所沢銀座
・所在地:埼玉県所沢市元町・寿町・御幸町
・交通:西武新宿線・池袋線所沢駅より徒歩10分
・商店街の長さ:約460m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:
・イベント:ところざわまつり(近隣町内会などと合同で毎年10月に開催)
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:ビル風のたより2(井筒屋町造商店のブログ)
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:蔵の街並みからタワーマンション銀座へ

所沢駅と西所沢駅を結ぶ小金井街道沿いにある。
所沢は織物の町・航空発祥の地として繁栄し、銀座通り一帯は蔵の建ち並ぶ中心商店街であったが、現在の商業中心地は所沢駅前に移っている。
また銀座通りにはタワーマンションが乱立し、かつての蔵造り商店街としての面影は消失しつつある。


【特色】

・蔵の街からタワーマンション街へ:

 明治以降、所沢は織物生産が盛んであったことから、銀座通りを中心に織物関連の
 商家が軒を連ねていた。
 しかし平成に入ってからの再開発により、古い蔵やアーケードが取り壊され、代わりに
 タワーマンションが建ち並ぶようになる。
 各タワーマンションには商業スペースが設けられ、再開発前より立地していた商店
 などが入居している。

・井筒屋町造商店:  
 
いまや希少となった築100年の建物を3年間限定で借り入れ、中心市街地活性化拠点
 施設として利用。
 地元ミュージシャンによるLIVEや、大学や商店街とのコラボレーション企画など、
 数々の催しものが行われていた。
 2008年3月末の閉店後、新たな活動拠点を模索中。


koumoku03.gif

所沢銀座1
旧市庁舎も解体、再開発へ

所沢銀座2
まるでタワーマンション銀座やー

所沢銀座3
タワーマンションの商業スペース

所沢銀座4
井筒屋町造商店


このHPを開設するまで、所沢が蔵の建ち並ぶ町だったとは知らなかった。
やはりよそ者としては、所沢=西武ライオンズなんで。
あわせてベッドタウンのイメージも持っていたので、タワーマンションブームがこの町にも来ていることは充分頷ける。

しかし訪れてみないとわからないこの圧迫感。
林立するタワーマンションに圧倒され、しばし呆然となった。

これらのマンションには商業スペースが設けられており、各種テナントが入居している。
なぜかそこだけ瓦屋根。おそらく蔵造り商家をイメージしたのだろう。
テナントの中には地権者と思われる店舗も入っている。

やがて1軒の重厚な蔵造り商家が現れた。
ここは井筒屋町造商店と呼ばれる中心市街地活性化拠点。
所沢の代表的糸商であった秋田家を3年間の期間限定で借り上げていたが、3月末をもって閉店を迎える。
この日は地元ミュージシャン達を迎え、最後のライブが行われていた。

蔵造りの商店街は、お隣の川越に匹敵するほどの街並みだったという。
川越が保存の道を選択したのと対照的に、所沢の場合は再開発による変貌を選んだ。
再開発事業としては、所沢駅前に商業地を集積させ、銀座通りを住宅地にあてる考えなのだろう。
その結果が今日のタワーマンション銀座なわけで。

古い町並みを現代まで維持する困難さは理解できるが、正直もったいないなあ。
そんなふうに思ってしまうのは、やはりよそ者だからでしょうか?
いやぁ本当にもったいない。


koumoku02.gif


所沢銀座まち歩きの小ネタはブログへgo!

取材日:2008年3月29日(土)

久々にメンテナンスしようとしたら更新できません!