Google

新着記事

カテゴリ

リンク集

ご当地銀座をさまよってみた。
浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報
列車があるならどこまでも

銀座と商店街
おすすめBOOKS
ぶらっと行きたい!東京商店街ガイド
ぶらっと行きたい!東京商店街ガイド

商店街巡りに必須の一冊!
見やすいイラストマップとおすすめ店の紹介記事が重宝します。
戸越銀座・谷中銀座・十条銀座も掲載。

東京人 2008年 03月号 [雑誌]
東京人 2008年 03月号

商店街歩きから歴史的成り立ちまで読み応えのある内容。
戸越銀座・キラキラ橘(向島橘銀座)など。

東京下町歩く地図帳 (’08~’09) (J GUIDE MAGAZINE)
東京下町歩く地図帳 (’08~’09)

持ち歩き用ガイドブックはこの本が一番!
谷中銀座(谷根千も)・砂町銀座・十条銀座・向島&京島などがマップつきで紹介。日暮里・舎人ライナー沿線特集も。


ニッポン商人語録 (プレイブックスインテリジェンス)
ニッポン商人語録

高円寺銀座(現:高円寺純情商店街)で生まれ育った著者が商店街について語る一冊。全国の銀座商店街を訪ねたエッセイが興味深い。
元気な商店街・7つの秘訣―商売繁盛の街づくりにはコツがある!
元気な商店街・7つの秘訣

商店街をとりまく現況や打開策など、素人にもわかりやすく解説しています。キラキラ橘(向島橘銀座)・東和銀座などの実例紹介あり。

TOP > 埼玉・千葉・神奈川>埼玉県 > 飯能銀座

飯能銀座

埼玉県 
飯能銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!

koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):飯能銀座商店街
・所在地:埼玉県飯能市仲町・柳町
・交通:西武池袋線飯能駅より徒歩2分
・商店街の長さ:約500+240m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:約130店舗(公式ホームページより)
・大型店:丸広百貨店・駅ビルPePe
・イベント:ぎんざフレンドパーク(毎年8月開催)
      飯能まつり・飯能夏まつり・まちなかイルミネーション(会場の一部となる)
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:飯能銀座商店街ハロー飯能ぎんざ商店街
・商店街キャラクター:銀ギン(アヒル?)
・映画・ドラマのロケ:ヤッターマン実写版(2009年公開)
・特記事項:ハローチップ・銀ギンカード・まちなか水族館・チャレンジショップ

飯能駅北口の銀座通りを中心として、十字路に形成される商店街。
百貨店が建ち華やかな駅前と、古くからの商店が多い銀座通りが対照的だ。
また国道296号線にあたる東銀座通りは、飯能銀座飯能東銀座睦会に分別される。

特筆すべきは地域活動の活発さ。
主催イベントや割引チップ、清掃活動にいたるまで幅広く実施されている。


【特色】

・ぎんざフレンドパーク:

 8月開催の商店街単独イベント。近隣学校なども巻き込んだユニークな内容。
 また飯能まつりや飯能夏祭りなどの地域行事には、銀座通りがメイン会場となる。

・チャレンジショップ Colors:
 銀座商店街青年部のNPO法人「フラップ飯能」により設立。
 空き店舗の一部を格安で貸し出すことで、女性の起業を促すだけでなく、将来的な
 銀座商店街での単独出店を期待している。チャレンジショップからの独立実績もあり。

・まちなか水族館:
 各商店に熱帯魚や飯能の川魚を配した水槽を設置。
 マップを製作し、商店街内の回遊を促す。

・ハローチップ:
 加盟店での買い物100円につき1枚贈呈。有効期限なし。非加盟店もあり。
 台紙1冊につき500円の買い物、または指定金融機関口座での預金に充当可能。
 集めたチップでイベント(抽選会・交換会・招待旅行等)に参加できる。

・銀ギンカード:
 高齢者の販促を目的とした会員限定優待カード兼ライフカード。
 対象者は65歳以上または障害者手帳所有者。
 加盟店での買い物時、銀ギンカードを提示すると各種特典を受けられる。

koumoku03.gif

飯能銀座1
駅前は賑やか

飯能銀座2
東銀座通りから銀座通りを臨む

飯能銀座3
銀座通りは映画のセットのような街並み
ここでヤッターマン実写版は撮影された

飯能銀座6
こういう何でもないのがいいんだ

飯能銀座4
アールデコ?おばあちゃんの帽子みたいな屋根

飯能銀座7
さりげなく現役な看板建築
「大正看板建築」との説明板がついている


icon02.gif どうしてこんなに心が落ち着くのだろう? icon01.gif  icon03.gif


スイッチバックが独特の景観を示す飯能駅を出て、北口に向かってみた。
予想に反し賑やかな駅前。
地元系の百貨店もあり、人口規模からするとかなり開けているように思う。
しかしチェーン店が中心の雑居ビルという景観は、どこの街にもありがちだ。

左折して銀座通りに入る。
するといきなりアールデコ調な理髪店に遭遇。これはなかなか楽しみだ。
タイル舗装された道路もいい雰囲気。歩行者天国と勘違いしそうだけど。

全てがレトロというわけではないが、それでもたまに看板建築や昭和っぽいものに出会ったりする。
隠れた老舗も多く、何十年も変わっていないような落ち着き具合。
現在は国道から外れているが、かつて街道だったのかもしれない。

生鮮品もあれば仏具店もあり、地元の人の生活と密接につながった店舗が並ぶ。
更地も目立つ現状ではあるものの、随所に商店街としての試みが伺える。
そのへんは商店街HPに詳しいが、他にもイチオシ商品や大正看板の掲示など、本当にいろいろやってるんだなと感心する。

話の横道にそれるがここの商店街のブログはなかなか好感が持てる。
活きた商店街の様子を小まめな更新で。
凝ったことしなくても、お金をかけずに良いものができるという好例ですな。

ひと通りの散策や買い物をするうちに、すっかりくつろいでいる自分に気がついた。
どうしてこんなホッとした気持ちになるのだろう?
観光地化されているわけでもなく、一方で余所者の自分でも浮いたりしない雰囲気がいいのか?たぶんそういうことだと思う。
飯能銀座、個人的にはかなり気に入りました。


koumoku02.gif

飯能銀座5杉山フルイ店:
店頭のいたるところにカゴや曲げ物が並び、懐かしさを覚えるような店構え。
和小物やカゴ好きならば必見。釣竿の取り扱いも。

夢彩菓すずき
創業100年を超える老舗。
地味な外観とは裏腹に、華やかなケーキから飯能銘菓までと充実した品揃え。
名物は飯能銘菓「げどう」。
残念ながらホッケーパイはバター不足のために休止中。

御菓子処 亀屋
こちらも明治36年創業と、100年を超える老舗。
煎餅と生菓子中心の和菓子店。名物は「飯能おぼろ」。餃子煎餅なるものも販売。
2008年の姫路菓子博にて農林水産大臣賞受賞。


飯能銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!


取材日:2008年6月8日(日)

久々にメンテナンスしようとしたら更新できません!