Google

新着記事

カテゴリ

リンク集

ご当地銀座をさまよってみた。
浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報
列車があるならどこまでも

銀座と商店街
おすすめBOOKS
ぶらっと行きたい!東京商店街ガイド
ぶらっと行きたい!東京商店街ガイド

商店街巡りに必須の一冊!
見やすいイラストマップとおすすめ店の紹介記事が重宝します。
戸越銀座・谷中銀座・十条銀座も掲載。

東京人 2008年 03月号 [雑誌]
東京人 2008年 03月号

商店街歩きから歴史的成り立ちまで読み応えのある内容。
戸越銀座・キラキラ橘(向島橘銀座)など。

東京下町歩く地図帳 (’08~’09) (J GUIDE MAGAZINE)
東京下町歩く地図帳 (’08~’09)

持ち歩き用ガイドブックはこの本が一番!
谷中銀座(谷根千も)・砂町銀座・十条銀座・向島&京島などがマップつきで紹介。日暮里・舎人ライナー沿線特集も。


ニッポン商人語録 (プレイブックスインテリジェンス)
ニッポン商人語録

高円寺銀座(現:高円寺純情商店街)で生まれ育った著者が商店街について語る一冊。全国の銀座商店街を訪ねたエッセイが興味深い。
元気な商店街・7つの秘訣―商売繁盛の街づくりにはコツがある!
元気な商店街・7つの秘訣

商店街をとりまく現況や打開策など、素人にもわかりやすく解説しています。キラキラ橘(向島橘銀座)・東和銀座などの実例紹介あり。

TOP > 埼玉・千葉・神奈川>千葉県 > 真間銀座

真間銀座

千葉県 
真間銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!

koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):真間銀座
・所在地:千葉県市川市市川1丁目・真間1丁目
・交通:京成市川真間駅前・JR市川駅北口より徒歩4分
・商店街の長さ:約420m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:約 店舗
・大型店:市川駅前にダイエー・国道14号を挟んでolympic
・イベント:サマーフェスティバル(毎年7月開催)
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:市川駅南口にて再開発工事中

永井荷風や幸田露伴など、文人達に愛された市川の町にも銀座は存在した。

JR市川駅から国道14号を渡って北上し、京成線の踏切を挟む形で真間銀座通りが延びている。
国道14号付近を中心に中高層マンションも目立つが、古くからの店舗や住宅も点在し、かつて屋敷街だった名残が見られる。
戦前まで軍御用達の料亭街として栄えた市川も、現存する料亭はわずか3軒。
すべて真間銀座周辺に位置していることから、いかにこの辺りが隆盛を極めていたのかがうかがい知れる。

市内小売業の中心は本八幡駅周辺やコルトンプラザにシフトしており、また都心へのアクセスも良いことから、真間銀座は地元向け商店街といったところ。
落ち着いた周辺環境を保っており、賑やかな駅前らしさは感じられない。

koumoku03.gif


真間銀座1
商店街の歴史を伝える建物が並ぶ


真間銀座2
新築マンションとファミレスと料亭

真間銀座3
市川真間駅前
踏切を渡ると松の木が見える

真間銀座4
空き地の向こうに例のタワー
工事も再開したようだけど・・・。


icon02.gif 灯台下暗しとはこのことだ icon01.gif  icon03.gif


まさか自分の住む市にもあるとは思わなかった。
言い訳に聞こえるかもしれないが、この市で生まれ育ったわけでもないから知らないのも仕方ない。
市川駅周辺には何度か行ったことはあるが、市川真間駅方面までは訪れたことがなかったのだ(花火大会も反対側だしね)。
実際足を運んでみると真間銀座通りという道路標もあり、地元ではメジャーなのだと改めて感じた。

建ち並ぶマンションの間に、料亭の入口が顔を出す。
高級料亭に高級フランス料理店があるかと思えばファミレスもあったり、さらには遺産級の飴屋・・・。
一見ごった煮風ながら、文人ゆかりの市川市中心とあってどことなく落ち着いた印象を受ける。
街路樹は格式の高さを表すかのような、市川市木のクロマツ。
自分の住む街と同じ市内だとは思えず、つい足を踏み入れるのをためらってしまう。

国道14号に面した広告アーチの片隅には、「真間駅前通り会」との表示。
しかし脇の道路標は「真間銀座通り」。
いったいどこからどこまでが真間銀座なのか結局謎のまま。
女子高の通学路になっているらしく、時折女子高生たちが素通りするのを見かけた。
寺院やお屋敷だけでなく、この街は文教都市としての顔ももつ。


koumoku02.gif

石黒の飴@真間銀座石黒の飴:
15種類もの手作り飴がガラスケースに並べられ、
量り売りによる販売が郷愁を呼び起こす。
見た目も味も売り方も、全てが昔のまま。
気さくなおばちゃんとの会話もまた楽し。


真間銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!


取材日:2008年6月19日(木)

久々にメンテナンスしようとしたら更新できません!