Google

新着記事

カテゴリ

リンク集

ご当地銀座をさまよってみた。
浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報
列車があるならどこまでも

銀座と商店街
おすすめBOOKS
ぶらっと行きたい!東京商店街ガイド
ぶらっと行きたい!東京商店街ガイド

商店街巡りに必須の一冊!
見やすいイラストマップとおすすめ店の紹介記事が重宝します。
戸越銀座・谷中銀座・十条銀座も掲載。

東京人 2008年 03月号 [雑誌]
東京人 2008年 03月号

商店街歩きから歴史的成り立ちまで読み応えのある内容。
戸越銀座・キラキラ橘(向島橘銀座)など。

東京下町歩く地図帳 (’08~’09) (J GUIDE MAGAZINE)
東京下町歩く地図帳 (’08~’09)

持ち歩き用ガイドブックはこの本が一番!
谷中銀座(谷根千も)・砂町銀座・十条銀座・向島&京島などがマップつきで紹介。日暮里・舎人ライナー沿線特集も。


ニッポン商人語録 (プレイブックスインテリジェンス)
ニッポン商人語録

高円寺銀座(現:高円寺純情商店街)で生まれ育った著者が商店街について語る一冊。全国の銀座商店街を訪ねたエッセイが興味深い。
元気な商店街・7つの秘訣―商売繁盛の街づくりにはコツがある!
元気な商店街・7つの秘訣

商店街をとりまく現況や打開策など、素人にもわかりやすく解説しています。キラキラ橘(向島橘銀座)・東和銀座などの実例紹介あり。

TOP > 茨城・栃木・群馬>群馬県 > 富岡銀座(富岡西銀座も含む)

富岡銀座(富岡西銀座も含む)

群馬県 
富岡銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!

koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):富岡銀座(銀友会)・富岡西銀座(西銀座商店会)
・所在地:群馬県富岡市富岡
・交通:上信電鉄線上州富岡駅より徒歩5分
・商店街の長さ:約200m(Googleマップでの独自計測:富岡銀座)
・店舗数:
・大型店:
・イベント:富岡夏まつり(毎年8月・会場の一部として使用)
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:凪の街 桜の国(昭和30年代の広島市街として)
・特記事項:富岡製糸場への通り道。

日本初の器械製糸工場として知られる富岡製糸場に近接し、工女たちの生活の場として発展した商店街のひとつ。
しかし戦後のモータリゼーションの発展や郊外への商業流出に伴い、空洞化が進んでいる。

富岡市の中心市街地全体に言えることだが、空洞化の結果なのか、戦後の比較的古い町並みが残されているのが特徴。
とくにこの富岡銀座通りは木造家屋などが狭い路地に密集し、富岡製糸場が現役の頃を彷彿させるノスタルジックな景観が保たれている。

富岡製糸場は2007(平成19)年に世界遺産暫定リストへ登載され、2012年の登録を目指している。
今後世界遺産登録となれば、富岡銀座や周辺の街並みも注目されるかもしれない。
現在の生活感を保ちつつ、観光地の一環として上手く活性化するかが今後の鍵となるであろう。

koumoku03.gif

P1180937.JPG
狭い路地をすり抜けるワクワク感

P1180968.JPG
素朴で手作り感ただよう七夕ディスプレイ

P1180948.JPG
願い事は
「富岡製糸場が世界遺産になりますように」

P1180954.JPG
水色の蔵なんて見たの初めてだ

P1180967.JPG
ひっそりとした西銀座

P1180992.JPG
世界遺産候補も盆踊り体制


icon02.gif ご当地銀座は世界遺産候補のお膝元 icon01.gif  icon03.gif


富岡製糸場に向かって歩いていると、細い路地に「富岡製糸場近道 富岡銀座通り」と書かれた看板を発見したので、通り抜けてみる。

車も通れないような細道の両脇を、商店の建物が圧迫するかのように並ぶ。
それぞれの店舗構成は、布団・めがね・花・肉・おもちゃ・化粧品・和菓子・美容院・スナックなど。
長いこと地元のために商売を続けてきたものがほとんどだ。
中には営業しているか怪しいのもあるが、あまり寂れた感じがしないのが不思議。

富岡銀座自体は200mとたいへん短く、ほどなくして電柱の標識も西銀座と変わる。
こちらはまっすぐな1つの通りではなく、枝分かれするように複数の小さな通りで構成されているようだ。
いくつか商店も点在しているが、古い住宅地といった印象。

たまたまこの日は夏祭り中。
真夏の土曜日ということで人通りもそこそこある。
にぎやかな七夕飾りが狭い通りに花を添えている。

どの店もどことなく昭和チックな佇まい。
すぐそばに世界遺産登録を目指す名跡があるとは思えないほど、あまりにもマイペースな時の流れ。
今後はどうなるかわからないが、これぐらいそっけないほうが良いのかもしれない。
観光地化されていないのが魅力なのだから。

レトロな富岡銀座と周辺の街並み散策日記はこちらをどうぞ。

koumoku02.gif

P1180947.JPG岡重肉店:
創業70年、昔ながらの小さなお肉屋さん。
店頭に椅子が並べられ、揚げたての名物
「まゆコロッケ」を座って食べることができる。
念入りに裏ごしされたジャガイモがなめらかで
ほくほくとした食感。
ちなみに絹糸成分は含まれていないとのこと(残念)。


P1200175.JPG田島屋:
富岡銘菓といえば、繭そっくりの見た目が可愛い葛湯「まゆこもり」。
そのまま食べれば落雁風、熱湯に溶かすと葛湯になる(冷やしても美味)。
富岡製糸場でも販売されているが、本店は西銀座にあり。


富岡銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!


取材日:2009年8月8日(土)

久々にメンテナンスしようとしたら更新できません!