TOP > 東京23区 >杉並区 

西荻北銀座

西荻北銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!


koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):西荻北銀座(銀商会・北銀座本町会・銀友会)
・所在地:東京都杉並区西荻北2・3・5丁目
・交通:JR中央線西荻窪駅前(北口)
・商店街の長さ:約490m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:187店舗(3商店会計・杉並区商店街連合会ホームページより)
・大型店:
・イベント:ハロー西荻(西荻地区商店街合同で毎年5月に開催) 
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:西荻北銀座商友会
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:

銀座の名を持つ商店街が集中する西荻窪。
そのうち唯一北口にあるのがこの西荻北銀座である。
北銀座通り沿いのうち、中央線と善福寺川に挟まれた範囲の500mに商店が連なっている。
また西荻窪銀座とは中央線の高架を挟んで繋がっている。

西荻北銀座は3つの商店会から成り立っており、街灯の形状やアーケードの有無など微妙な変化を見せる。
最も駅に近い銀商会には金融機関が集中し、新しい高層マンションも目立つ。
アーケードが途切れると北銀座本町会。こちらは中小商店が中心の近隣型商店街。
その先が銀友会。駅から離れるにつれ、アンティークショップが軒を並べるようになる。

西荻東銀座

西荻東銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!


koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):西荻東銀座会
・所在地:東京都杉並区西荻南1・2・3丁目
・交通:JR中央線西荻窪駅(南口)より徒歩2分
・商店街の長さ:約410m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:77店舗(杉並区商店街連合会ホームページより)
・大型店:
・イベント:朝市(毎月第三日曜日開催) 
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:

西荻窪駅南口に位置する3つの銀座のうちひとつ。
西荻窪銀座の通りと斜めに交差する神明通り沿いに位置する。

地元商店がほとんどの庶民的な商店街。
花飾りや街灯など懐かしい雰囲気を漂わせているが、ギャラリーやアンティーク系の店も進出し、新旧入り混じった街並みである。

商店街の中には公園や児童館があり、住環境としても利便性が高い。
そのため築浅の分譲マンションも立地している。


【特色】

・朝市:
 昭和50(1975)年より続く西荻の名物イベント。
 毎月第3日曜日の8時から11時の間、神明通りの一部が車両通行止めとなる。
 当日は沿道の商店による出店や催事などが行われ、たいへん賑わう。

西荻南銀座

西荻南銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!


koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):西荻南銀座会
・所在地:東京都杉並区西荻南2丁目
・交通:JR中央線西荻窪駅(南口)より徒歩6分
・商店街の長さ:約230m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:42店舗(杉並区商店街連合会ホームページより)
・大型店:
・イベント:
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:

西荻窪駅南口に位置する3つの銀座のうちひとつ。
とはいえ他の銀座とは隣接しておらず、西荻窪銀座との間に別名の商店街を挟むかたちとなっている。

駅から多少離れているため、住宅街のような雰囲気をもつ商店街。
アパートやマンションが多く(*)、また廃業店舗や空き地も目立つ。
アンティークショップを筆頭とした商店群は、裏道の旧府道のほうが充実している。
(*)杉並区商店街連合会HPの名簿には、加盟店舗の中にアパート・マンション名らしきものが多々見受けられる。

西荻窪銀座

西荻窪銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!


koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):西荻窪銀座会
・所在地:東京都杉並区西荻南3丁目
・交通:JR中央線西荻窪駅前(南口)
・商店街の長さ:約115+80m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:38店舗(杉並区商店街連合会ホームページより)
・大型店:
・イベント:ハロー西荻(西荻地区商店街合同で毎年5月に開催) 
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:

西荻窪駅南口にはいくつもの銀座が広がっている。
今回紹介する西荻窪銀座だけでなく、東銀座南銀座もある。
さらに線路の向こう側には北銀座まであるという密集ぶり。
西荻窪銀座は南口からすぐのところにあり、西荻北銀座とは中央線の高架を挟んで繋がっている。

駅前らしく銀行やラブホテル、パチンコ屋などが立地するものの、それらの合間を縫うように地元の商店が建ち並ぶ。
地元といっても買回り品ばかりなのは駅前だからか。
アンティーク街の様相は全く見当たらない。

ところでアド街ック天国によると、西荻窪は区内最多の30もの商店街があるそうだ。
さらに大通りがなく個人店も充実しているため、大型店が出店しにくい土地柄だという。
(ソース:アド街ック天国 2004年7月31日放送)
これほどまで西荻に銀座の名が残ったのは、このような地理的条件が働いているからかもしれない。

荻窪銀座

荻窪銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!


koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):荻窪銀座商店街
・所在地:東京都杉並区上荻1丁目
・交通:JR中央線荻窪駅前
・商店街の長さ:約300m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:47店舗(荻窪銀座商店街ホームページより)
・大型店:ルミネ(荻窪駅ビル)・駅前にタウンセブン(西友など)
・イベント:サービスデイ(一部店舗で実施)
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:荻窪銀座商店街
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:

荻窪駅北口という立地ながら、戦後の雰囲気が残っている商店街。
特に創業50年以上という老舗が並ぶ界隈や、枝分かれする小径など、小規模であるが今となっては貴重な街並みともいえる。
もちろん駅前らしく現代的なビルやチェーン店も立地しており、昭和と平成が混在した様相を成している。

久々にメンテナンスしようとしたら更新できません!