TOP > 東京23区 >江東区 

住吉銀座

住吉銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!


koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):住吉銀座商店街
・所在地:東京都江東区住吉1・2丁目
・交通:都営新宿線住吉駅より徒歩3分
・商店街の長さ:約170m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:35店舗(江東区商店街連合会ホームページより)
・大型店:近隣にあり(ライフ・島忠)
・イベント:
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:住吉銀座商店街へようこそ
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:

住吉駅の西側、低層のビルや戸建が建ち並ぶエリアに立地する。
新大橋通りに面した信号には「住吉銀座商店街」と表示され、ランドマークとしても用いられているようだ。
一方通行であるものの道幅が広く、アーケードもあることから商店街が長く延びているようにも思えるが、実際には約170mと短く、店舗数も多くはない。

生鮮品中心の近隣型商店街であり、地元に密着していることが伺える。
しかしところどころが歯抜状態なのが気になるところ。
商店街のうち、新大橋通りに面した部分が解体工事中(2008年4月現在)。
今後マンションなどに生まれ変わることが予想される。

大島中央銀座

大島中央銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!


koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):大島中央銀座商店街
・所在地:東京都江東区大島4・5丁目
・交通:都営新宿線大島駅より徒歩3分
・商店街の長さ:約490m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:91店舗(江東区商店街連合会ホームページより)
・イベント:
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:

新大橋通りから南下した狭い道および平行な道が、十字に交差する商店街。
大通りを1本離れただけで、喧騒とかけ離れた閑静な近隣型商店街が広がる。
「中央銀座」と書かれたアーチが、存在を誇示している。

他の都営新宿線沿線同様、巨大な団地群が建ち並ぶ一帯であり、付近はスーパーや大型店も多数立地する。
新大橋通りに抜ける細い道は、生鮮食料品店や住宅中心の、長年続く庶民の台所といった佇まい。
一方交差する道路沿い(新大橋通りと平行な道)は、サービス業の店舗が多く、鉄筋の店舗兼住宅が目立つ。
同じ商店街なのに、道が異なるだけで業種や雰囲気も変わってくるのが興味深い。

ちなみに大島銀座の最寄り駅は西大島、大島中央銀座の最寄り駅は大島と、少し距離がある。

大島銀座

大島銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!


koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):大島銀座商店街
・所在地:東京都江東区大島
・交通:都営新宿線西大島駅より徒歩3分
・商店街の長さ:約185m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:18店舗(江東区商店街連合会ホームページより)
・イベント:
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:大島銀座商店街(公式ホームページ)
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:

西大島駅から200m、亀戸駅からも800mと交通至便な立地。
大通りの駅前商店街(らかん通り商店街)を左折した路地にある。
古くから近隣型商店街として続いてきたが、時代の流れには逆らえず、住宅や賃貸アパートへの建替えも進んでいる。
現在は商店よりも住宅の数が目立つほど。

砂町銀座

砂町銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!


koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):砂町銀座商店街
・所在地:東京都江東区北砂
・交通:JR錦糸町駅・JR亀戸駅・都営新宿線西大島駅・
    東西線東陽町駅・東西線西葛西駅より都営バス「北砂2丁目」下車
・商店街の長さ:約670m
・店舗数:約180店舗
・イベント:バカ値市(月1回)・春の砂町銀座フェア・砂銀七夕祭りなど
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:砂町銀座商店街公式ホームページ
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:「鉄板少女アカネ」・バラエティや情報番組等多数

・特記事項:マスメディア効果・バカ値市・お祭りイベント

東京三大銀座の一つ。別名「おかず横丁」。
どの駅からも1km以上離れているが、下町のシンボルとして全国的な知名度を誇る。

戦前は30件位と小規模であったが、戦後の復興のなか急激に店舗数を増やした。
昭和38年頃にはほぼ現在の形となったという。
工業地帯として発展した地域柄、住民層はブルーカラーが中心だった。
しかし工場が移転し、次第に宅地化が進むようになる。
現在は都心回帰傾向のおかげで、各駅前を中心に大規模マンション建設が盛んだ。

「砂町銀座」という名称は、昭和7年10月、地元選出の東京市議会議員による祝辞がきっかけである。
この通りが早く砂町銀座と呼ばれるような一大繁華街となられん事を望む云々
この一言が商店街の運命を変えた。

【特色】

・メディアミックス効果
 バラエティ番組等のメディアにしばしば登場。
 下町商店街の象徴として広く認知され、観光客をも集客できるほど。
 宣伝効果が大きいため、商店街の対応も積極的。

・バカ値市
 
 月に1度の安売りセール。毎月10日開催。

・おまつり集客
 地域に密着した商店街として、各種行事イベントを開催。
 ・春の砂町銀座フェア(はなまつり)・・・毎年4月開催。お稚児さん行列&大売出し
                          2006年は10万人の人出                         
 ・砂銀七夕祭り・・・8月第1土日開催。七夕飾り・露店・抽選会など。
 ・中元および歳末福引大売出し

久々にメンテナンスしようとしたら更新できません!