TOP > 埼玉・千葉・神奈川 >千葉県 

【別名称をもつ銀座】ココロード銚子(銚子銀座)

ココロード銚子(銚子銀座)と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!

koumoku01.gif
anothername1.gif
・銀座の種類(商店街名):ココロード銚子(銚子銀座)
・所在地:千葉県銚子市新生町1・2丁目・飯沼町
・交通:銚子電鉄観音駅より徒歩5分
・商店街の長さ:約550m(Googleマップでの独自計測・仲通りは含まず)
・店舗数:約45店舗(公式HPのマップ等による)
・大型店:2009年秋、市内にイオンモール開店予定
・イベント:銚子夜まつり(年3回・主催)・銚子みなとまつり(神輿ルートとして)
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:銚子銀座商店街・ココロード銚子(公式HP)
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:銚子銀座通りの南側に銚子銀座仲通りというのがありますが、
        同じ振興組合の中にあるため、当HPでも同一として扱います。

銚子漁港や飯沼観音に近く、門前町として栄えた商店街。
銚子市の中心商店街でありながら、現在は閉店した店舗も多く、閑散とした印象は否めない。
とはいえこれは銚子銀座に限った話ではなく、県内3位の人口減少率や市立総合病院の閉鎖など、銚子市全体が地盤沈下しているのが現状だ。
加えて旭市や神栖市にロードサイド店舗が進出し、銚子市内でもイオンモールの開店を控えていることから、商業環境の厳しさは増すばかりである。
銚子銀座には自称日本一小さな百貨店というクリハシが存在していたが閉店。
2008年、跡地に銚子初の13階建てタワーマンションが誕生した。

【特色】

・銚子夜まつり:

 2006年10月より開始された商店街イベント。
 春・夏・秋の年3回行われる(2009年度からは未定?)。
 各回それぞれ特色あるテーマを掲げ、メインイベントの内容が毎回異なるのが特徴。
 (例:第1回2006年秋=サンマ料理コンテスト 第3回2007年夏=打ち水大作戦
     第5回2008年春=福娘ミス観音コンテスト 第6回2008年夏=レトロ展示館)
 しかし思うような集客に繋がっていない模様(ソース:毎日新聞2009年2月10日地方版)
 →2009年5月5日に門前市を開催予定(五重塔完成記念)。

・門前8(もんぜんや):
 飯沼観音の五重塔完成に合わせた活性化事業。2009年2月開始。
 商店街内の空き店舗を利用し土日だけの店舗をオープン。
 輸入雑貨や銚子産野菜などの店が週代わりで登場する。
 

旭銀座

旭銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!

koumoku01.gif

・銀座の種類(商店街名):旭銀座(恐らく旭中央商店街の一部として存在)
・所在地:千葉県旭市ロ
・交通:JR総武本線旭駅より徒歩4分
・商店街の長さ:約330+70m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:約 店舗
・大型店:国道126号沿いにサンモールショッピングセンター
      (各店舗はジャスコ・オープン20年超の2008年にシネコン初登場)
・イベント:旭市七夕市民まつり(メイン会場として)

・ブランド:
・関連HPおよびブログ:旭マーメイドモール(旭中央商店街公式)
・商店街キャラクター:人魚(?)
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:まちかどギャラリー銀座

旭市の中心部に位置する商店街。
JR旭駅の改札口が海側のみに設けられていることから、こちら側に市街地が発展していたのではと思われる。
だが現在はサンモールを中心とした国道沿いに商業地がシフトし、商店街は衰退化。
食料品(生鮮以外)・衣料品店が中心となっており、一定の地域商圏を確保していたと思われる。
ところどころに木造や看板建築の名残が見られ、のんびりした街並みが魅力のひとつである。


【特色】

・まちかどギャラリー銀座:
 空き店舗(元履物店)を利用した市営の無料ギャラリー。
 利用条件は市内在住・在勤者および、市内を活動拠点とする団体のみ。
 
・旭市七夕市民まつり:
 2008年で第54回を迎えた旭市のメインイベント。旧暦の七夕に開催される。
 旭銀座を初めとした中央商店街はこの時期、七夕装飾によって華やかに彩られる。
 ミス七夕コンテストをはじめパレードや神輿・お囃子などのイベントが行われ、
 毎年10万人以上の人出。
 ※「ちばの観光まるごと紹介HP」の紹介ページ写真によると、以前は旭銀座
   アーチが存在したようです。

館山渚銀座

館山渚銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!

koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):渚銀座料理飲食業協会
・所在地:千葉県館山市北条
・交通:JR内房線館山駅西口より徒歩3分
・商店街の長さ:
・店舗数:
・大型店:ロックシティ館山ショッピングセンター
      (核テナントはジャスコ・館山駅より徒歩約20分)
・イベント: 
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:歓楽街・風俗街

館山駅西口に広がる渚銀座は、南房総随一の歓楽街。
昭和の頃には渚ミュージックなるストリップ劇場も存在していたという。

現在渚銀座が立地する場所は、幕末から明治にかけ干拓され出現した水田であり、
汽船の船着場ができるにつれ旅館や別荘が建ち並ぶようになり、飲食街として発展していった。
現在も歓楽街としての地位を保ち、夜になると賑やかな界隈である。

館山銀座

館山銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!

koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):館山銀座商店街
・所在地:千葉県館山市北条
・交通:JR内房線館山駅東口より徒歩2分
・商店街の長さ:約870+190+180+180m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:約85店舗(館山商業協同組合HPによる)
・大型店:ロックシティ館山ショッピングセンター
      (核テナントはジャスコ・館山駅より徒歩約20分)
・イベント:銀座まつり(毎年8月開催)・さとみ軽トラ市(毎月第2・第4日曜日開催)など 
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:館山銀座商店街(公式HP※音が出ます)
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:まちかどミニ博物館・手作り甲冑教室

館山駅東口ロータリーに面した一画を経て、線路と平行して南北に通じているのが館山銀座通り。
ロータリー側には土産屋が並んでいるが、銀座通りに入ると観光地的要素が抜け、地方の商店街然とした雰囲気となる。
金融機関や買回り品を扱う店舗が集中し、館山の中心商店街であったことがわかる。
しかし現在は閉店したまま残されている物件も目立ち、シャッター通りとなりつつある。

2007年春、館山駅の北方1kmほどの場所にロックシティ館山ショッピングセンターがオープンした。
旧ジャスコ館山店を解体しSCとして拡大したもので、約11万5千平方mの敷地にジャスコと70の専門店が入居する広大な商業施設の出現が、館山銀座商店街をはじめとした中心商店街に影響を及ぼしていると思われる。
また、館山銀座に隣接して十字屋館山店が存在していたが、2005年に閉店。跡地にタワーマンションが建築中である。


【特色】

・さとみ軽トラ市:

 観光イベントにをきっかけに生まれた朝市。
 ちばDCキャンペーン終了後も、引き続き毎月第2・第4日曜日に開催されている。
 軽トラ(ライトバン・リヤカー等の出店も可)の荷台に品物を積んだまま出店する方式。
 設営の必要がなく、気軽に出店できるメリットも。 
 
・まちかどミニ博物館:
 2007年春のちばDCキャンペーンに伴い開催されたイベント。
 中心市街地の活性化を目的として、地域の学校やサークルの協力により
 空き店舗などが各種展示の会場となった。
 現在は鉄道ミニ博物館(川名商店)のみ残存。→内容はこちら

木更津銀座

木更津銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!

koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):木更津銀座商栄会
・所在地:千葉県木更津市富士見1丁目
・交通:JR内房線木更津駅西口より徒歩5分
・商店街の長さ:約130m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:約 店舗
・大型店:
・イベント:やっさいもっさいは隣の富士見通りが会場となる(毎年8月開催)
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:木更津キャッツアイ
・特記事項:木更津キャッツアイの舞台であるみまち通り商店街に隣接

木更津駅西口、ふじみ通り南側に位置する小規模な商店街のひとつ。
八剱八幡神社を臨むL字型の通りが木更津銀座である。
わずか100m強という短さではあるが、その佇まいからはかつての繁栄がうかがえる。
しかし閉店店舗が廃墟として残されている姿は、痛々しくもある。

幕張銀座

幕張銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!

koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):幕張銀座
・所在地:千葉市花見川区幕張町4・5丁目
・交通:JR総武線幕張駅より徒歩2分・京成幕張駅より徒歩4分
・商店街の長さ:約260m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:約 店舗
・大型店:
・イベント: 
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:エッセイ集「踏切みやげ」(石田千・2008年刊)に登場
・特記事項:

幕張新都心のイメージからはほど遠い、昔ながらの素朴な商店街。
商店構成は、豆腐屋・酒店・スポーツ用品店・手芸店・染物店・寝具店など。
幕張駅前は80年代に再開発の計画が持ち上がったものの、地元商店主などの反対により頓挫した過去を持つ。

駅前商店街の途中から国道14号にむけて斜めに交差する細道は、幕張駅までの抜け道ともなっている。
国道14号以南に学校が多く立地する関係で、、登下校時には学生たちで賑わう。
※JR総武線側から幕張新都心へ行くには、隣の幕張本郷駅からバス乗換。
  幕張駅からではないので注意。

真間銀座

真間銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!

koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):真間銀座
・所在地:千葉県市川市市川1丁目・真間1丁目
・交通:京成市川真間駅前・JR市川駅北口より徒歩4分
・商店街の長さ:約420m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:約 店舗
・大型店:市川駅前にダイエー・国道14号を挟んでolympic
・イベント:サマーフェスティバル(毎年7月開催)
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:市川駅南口にて再開発工事中

永井荷風や幸田露伴など、文人達に愛された市川の町にも銀座は存在した。

JR市川駅から国道14号を渡って北上し、京成線の踏切を挟む形で真間銀座通りが延びている。
国道14号付近を中心に中高層マンションも目立つが、古くからの店舗や住宅も点在し、かつて屋敷街だった名残が見られる。
戦前まで軍御用達の料亭街として栄えた市川も、現存する料亭はわずか3軒。
すべて真間銀座周辺に位置していることから、いかにこの辺りが隆盛を極めていたのかがうかがい知れる。

市内小売業の中心は本八幡駅周辺やコルトンプラザにシフトしており、また都心へのアクセスも良いことから、真間銀座は地元向け商店街といったところ。
落ち着いた周辺環境を保っており、賑やかな駅前らしさは感じられない。

久々にメンテナンスしようとしたら更新できません!