TOP > 茨城・栃木・群馬 >群馬県 

富岡銀座(富岡西銀座も含む)

富岡銀座と周辺を歩いてみました。
  小ネタ・まち歩き日記は
ブログ「ご当地銀座をさまよってみた。」へgo!

koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):富岡銀座(銀友会)・富岡西銀座(西銀座商店会)
・所在地:群馬県富岡市富岡
・交通:上信電鉄線上州富岡駅より徒歩5分
・商店街の長さ:約200m(Googleマップでの独自計測:富岡銀座)
・店舗数:
・大型店:
・イベント:富岡夏まつり(毎年8月・会場の一部として使用)
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:凪の街 桜の国(昭和30年代の広島市街として)
・特記事項:富岡製糸場への通り道。

日本初の器械製糸工場として知られる富岡製糸場に近接し、工女たちの生活の場として発展した商店街のひとつ。
しかし戦後のモータリゼーションの発展や郊外への商業流出に伴い、空洞化が進んでいる。

富岡市の中心市街地全体に言えることだが、空洞化の結果なのか、戦後の比較的古い町並みが残されているのが特徴。
とくにこの富岡銀座通りは木造家屋などが狭い路地に密集し、富岡製糸場が現役の頃を彷彿させるノスタルジックな景観が保たれている。

富岡製糸場は2007(平成19)年に世界遺産暫定リストへ登載され、2012年の登録を目指している。
今後世界遺産登録となれば、富岡銀座や周辺の街並みも注目されるかもしれない。
現在の生活感を保ちつつ、観光地の一環として上手く活性化するかが今後の鍵となるであろう。

久々にメンテナンスしようとしたら更新できません!