TOP > 東海・北陸・甲信越地方 >富山県 

石動銀座

石動銀座まち歩きの小ネタはブログへgo!

koumoku01.gif
・銀座の種類(商店街名):石動銀座商栄会(石動商店街の1つとして)
・所在地:富山県小矢部市石動町
・交通:JR北陸本線石動駅より徒歩5分
・商店街の長さ:約270m(Googleマップでの独自計測)
・店舗数:
・イベント:石動曳山祭(4月末)・源平火牛まつり(7月下旬)等の地域祭礼における会場
・ブランド:
・関連HPおよびブログ:
・商店街キャラクター:
・映画・ドラマのロケ:
・特記事項:駐車禁止規制一部解除・空き店舗を利用した高齢者向けコミュニティサロン

加賀前田藩の城下町として、また富山と金沢の中間であることから宿場町としても栄えた石動(いするぎ)。
中心部の旧北陸街道沿いに広がる商店街のうち、北国銀行から駅寄りにかけてのエリアが石動銀座(いするぎぎんざ)である。
隣の越前町商店街や中央通りと一体化し、小矢部市中心部としての役割を担っている。
但し地元では、石動銀座というより「石動駅前商店街」として認知されている模様。

毎年4月末の石動曳山祭および、7月下旬の源平火牛まつりにはメイン会場となり、山車や火牛が現れ賑やかになる。

商店街の構成としては、買回品店が多く中心市街地らしさがうかがえる。
だがとにかく空き店舗が目立つ。
駐車禁止規制解除策などの新たな試みが、今後どれだけ功を奏していくか。


【石動(いするぎ)の由来】
石動と書いて「いするぎ」。
難読駅名としても知られるこの地名は、能登・越中国境に位置する石動山(せきどうざん)山頂の伊須流儀比古(いするぎひこ)神社に由来する。
前田利家により白馬山に城が築かれた際、「新しい石動(いするぎ)」を意味する今石動(いまいするぎ)城と命名され、一帯の地名もそれに習った。
現在、今石動城は城跡公園として整備され、桜の名所となっている。


【特色】

・駐車禁止規制一部解除:

 中央通り・越前町・駅前商店街(銀座商栄会)の通りの駐車禁止規制を一部緩和し、
 月替わりで片側ずつ駐車できるようにした。
 
・高齢者サロンの開設:  
 
銀座商店街の空き店舗(旧玩具店)を高齢者向けのコミュニティサロンに転換。
 県による商店街活性化策として、平成15年「おやべ街かどサロン」をオープン。



久々にメンテナンスしようとしたら更新できません!